就寝時のノーブラはバストの崩れや下垂の危険が高まりやすい。

MENU

就寝時のノーブラはどうなのか?

 

ブラを寝るときに着けていない女性がいるそうですが、寝るときにノーブラでいると胸にどのような影響が出てしまうのか‥?
実際にノーブラで寝ている女性の胸にどんな危険性があるのかまとめてみました。

 

バストの形が崩れやすくなる

女性の胸の9割は脂肪で出来ているので仰向けやうつ伏せで寝てしまうと、体の向きに合わせてバストの形も流れていってしまいます。
流れたまま放置してしまうと、左右の大きさが偏ってしまい全体的に崩れやすくなるのです。
また、就寝専用の下着を身に付けずに日中用のブラをして寝てしまうと、ワイヤーで胸を押さえつけられてしまいバストのラインまで崩れてしまいます。

 

下垂してサイズも小さくなる

就寝時にノーブラを続けていると支える物がない状態なのでそのまま下に垂れてしまい、サイズも小さくなってしまいます。
ノーブラでいるという事は胸の中にあるクーパー靭帯を伸ばしてる状態なので、垂れる原因になります。
このクーパー靭帯は1度伸びてしまうと元に戻らないので夜はしっかり、就寝専用の下着を着けておくべきなのです。

 

胸の筋肉である大胸筋が衰えてくる

胸の筋肉で1番重要なのが大胸筋です。大胸筋を鍛えておかないと衰えてきてしまい、胸が下垂しやすくなります。
年齢などで衰えてしまう場合は仕方ないですが、日常に運動を取り入れるなどして胸の筋肉量を増やしていきましょう。

 

 

バストを危険から守るために

 

守りを表す女性

 

自分にあった就寝専用の下着をつける

就寝時のバストケアはとても重要で、サイズや左右のバランスを意識していないと自分にあったブラを見つけるのは難しいです。
緩すぎてしまうと振動が激しくなってしまいますし、きつすぎても締め付けの圧迫で胸の血流が悪くなるので危険な状態になってしまいます。
さらに寝返りを打ってしまった場合、サイズの合わないブラをつけていると胸の中にあるクーパー靭帯に大きな負担がかかり、伸びてしまったり切れてしまいます。

 

 

大胸筋の内側と外側を鍛えるトレーニング

 

トレーニングシューズとダンベル

 

胸を守るために必要な筋肉である大胸筋には、内側外側の2つに分かれます。基本的なトレーニングは腕立て伏せやナロープッシュアップで鍛えられる方法が最も効果的です。

 

ダンベルベンチプラスでバストアップ

平らな所で仰向けになり、両手にしっかりとダンベルを持ち上下に動かしながら持ち上げていきます。
ダンベルを持つことで筋肉に刺激がいき成長していくのが見られる為、女性のバストアップに最適です。

 

自宅でも出来るヨガによる鍛え方

筋肉トレーニングをするとジムや教室に通いがちですが、自宅でも簡単に出来るヨガで胸部を鍛える事も可能です。
腕を鎖骨や胸骨または、お腹に近づける動きをしていきます。ヨガは様々なポーズをとる事によって感じ方が変わってくるので胸部も鍛えられますし、女性らしいボディラインを作る事も出来るのでおすすめです。

 

 

大胸筋を鍛える時に注意する事

ジムなどでバストを守るために大胸筋を鍛えようと調子を上げるのも良いですが、トレーニング中は腕や肩に力が入りやすくなってしまうのできちんと大胸筋を意識して他の所が力みすぎないようにしましょう。

 

トレーニング時はメニューの組み方も大事

大胸筋を鍛えればバストアップには繋がりますが、内側と外側の2種類になるので偏りすぎないようにトレーニングを計画的に組んで鍛えていきましょう。
外側を鍛えるならば腕立て伏せをベースに足を上げたまま行うと筋肉がつきやすくなります。
内側は、腕立て伏せと似ていますが両手の幅を肩幅より狭めることで大胸筋内側をピンポイントで刺激できるナロープッシュアップで鍛えると、より効果が出やすくなります。