胸のサイズと遺伝が本当に関係あるのか知りたい女性は当ページで知りたかった情報を確認しましょう。

MENU

胸のサイズは本当に遺伝するの‥?

 

バストサイズの遺伝について考える女性

 

胸のサイズって女性にとっては大きな悩みでもあります。その原因を少しでも解決する為に、バストアップダイエットなど様々な努力をしてる人もいると思います。それでも難しかった場合、遺伝だと感じる人もいます。
果たして胸の大きさは遺伝に関係があるのかまとめてみました。

 

遺伝する場合もあるが、可能性は僅か

胸の大きさは、必ずしも遺伝というわけではなく乳腺の数や太さによって左右することがあります。
母親の胸は大きいのに自分の胸は小さいと、たしかに遺伝なのかと疑問に思う方も少なくありません。実際に遺伝しているのは胸の大きさではなく、大胸筋や胸部の骨格なのです。
胸が大きい人は胸を支えるための筋力が必要になるので、肩幅が広い人は遺伝してると言えます。

 

 

胸が大きく育ちやすい人

女性ホルモンのエストロゲンプロゲステロンの2種類の働きにより乳腺組織が発達し大きく育ちやすいのです。
女性ホルモンの分泌量に差はありませんが、胸にしっかりと届かせる為には血行をよくしたりマッサージなどを行う事で胸が大きくなるのです。
食事内容に気をつけたりストレスをためないようにすることも大事です。

 

胸が小さくなりやすい人

胸が小さくなりやすい人は、細身の体型の人が多く身体全体の脂肪が少ないので、自然と胸にまで行かなくなってしまうのです‥。胸に栄養が行かなくなるとホルモンが分泌しなくなる為育ちにくくなります。
猫背だったり、身体を冷やしてばかりでは自ら小さくさせてるのです。

 

 

女性ホルモンをさらに活性化させる方法

 

癒し効果の高いアロマ

 

女性ホルモンの量をさらに増やすには、行動や食べ物だけでなく様々な方法があるのです。
恋愛したり小説やドラマを見てときめいたり、気分転換やストレスを溜めないように自宅でアロマを焚いてみたりする事で、女性ホルモンをたくさん増やす事が出来るのです!

 

恋愛する&恋する気持ちを持つ

恋をする事でフェニルエチルアミンやオキシトシンなどの母性ホルモンが増えるので女性としての魅力もアップし胸が大きくなりやすいです。

 

癒し効果のあるアロマを焚いておく

心に余裕がないとすると精神的に不安になったりイライラしがちですが、ラベンダー柑橘系イランイランなどの香りを嗅ぐ事で落ち着きやすくなります。アロマの効能にとらわれすぎず、お気に入りの香りで癒されましょう。

 

良質かつ充分な睡眠

毎日の生活の中で睡眠時間を統一させる事は難しいです。
睡眠時間を取るといっても眠る時間を延ばせば良いのではなく、質の良い睡眠を取る事が1番大切です。不眠や過眠が続いてしまうとホルモンのバランスが崩れてしまいます。

 

バスタイムに目を閉じてリラックスする

毎日のバスタイムにゆっくりと湯船に浸かれていますか?外から帰ってきてシャワーだけで済ませてしまうと、身体の芯まで温まらないので3分間だけでもいいので目を閉じて何も考えない時間を作ることも大切です。

 

 

大きすぎる胸を少しでも小さくする方法

 

小さくて悩んでいる人もいれば、逆に大きく育ちすぎて困っている女性もいます。そんな悩みを解決する為に、洋服の選び方や運動やマッサージなど行うと小さくする事が出来ます。

 

胸を小さく見せる下着を身につける

胸が大きすぎる人は、普通のブラのサイズも大きくなってしまいます。なので、小さく見せてくれる下着が販売されているので“小さく見せるブラ”をつけるのもおすすめです。

 

有酸素運動でバストのサイズダウン

女性の胸は、9割脂肪で出来ているので運動をして落とそうと考えの方もいますが運動だけでは胸の脂肪を落とすことは出来ません。
胸筋など鍛えてしまうと、逆にバストの筋肉が鍛えられてしまい余計に大きく見えてしまいます。サイズを縮めるなら全身使う運動をすることです。

 

胸が目立たない服装を着ていく工夫をする

胸が大きい方は大きさ以外にも服装についても悩みがちです。着たい洋服があっても胸のせいでバランスが悪くなってしまいます。
なので首元が広く開いた服やストライプデニムなどの固めの素材を着るようにすると、小さく見える効果があります。